3ヶ月の期間経過後でも相続放棄できる場合

スポンサードリンク

3ヶ月の期間経過後でも相続放棄できる場合

相続放棄は、自己のために相続があったことを知ったときから3ヶ月以内
家庭裁判所に申述をしてしなければなりません。

 

「自己のために相続があったこと」とは、
相続人が被相続人の死亡の事実を知り、かつ、
自分が相続人であることを知ったことをいいます。

 

このときから原則として3ヶ月以内に相続放棄をする場合は、
家庭裁判所でその旨申述することが必要ですが、
裁判例では、相続人が債務を含めて遺産が全くないと誤信し、
相続放棄の手続きをせずにいた場合で、
相続人の誤信がやむを得ないと認められる場合に、
例外的に被相続人の債務を含めた
遺産の存在を知ってから3ヶ月の間、
相続放棄を認めた例もあります。

 

「相続人の誤信がやむを得ないと認められる場合」とは

「相続人の誤信がやむを得ないと認められる場合」とは、
被相続人の生活歴や、
被相続人と相続人の交渉状態その他諸般の事情を考慮し、
相続人の相続財産の有無の調査を期待することが
著しく困難な事情がある場合をいいます。

 

また、債権者があえて3ヶ月の間取り立てをせず、
相続放棄の期間を経過してから
債務の取り立てを開始したような場合に、
3ヶ月の期間経過後の相続放棄を認めた場合もあります。

 

いずれにしましても、3ヶ月の期間経過後の相続放棄は、
可能な場合もありますが、そのハードルは高いものとなっています。
一般の方が主張をしてこれが認められるということはかなり難しいと思います。

 

申請が認められなかった場合、債務を背負うことになりますので、
この申請は非常に慎重に行うべきものです。

 

3ヶ月の期間経過後の相続放棄をお考えの方は、
なるべくはやく弁護士にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク