相続放棄の手続き、期間、必要書類について

スポンサードリンク

相続放棄の手続き、期間、必要書類について

被相続人が亡くなった場合、相続人は、
被相続人の財産や債務をすべて受け継ぐ単純承認か、
相続人が相続によって得た財産の限度で
被相続人の債務の負担を受け継ぐ限定承認
相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄、
いずれかを選ぶことができます。

 

今回はその中で、相続放棄について説明しますが、
相続放棄は、家庭裁判所に申述することによって、相続を放棄、すなわち
はじめから相続人ではかったことにする手続きです。

 

相続放棄とは

一般的な日常会話では、相続人の財産について、他の相続人に財産を譲り、
財産を何も相続しない状態を「相続放棄」という方もいますが、
家庭裁判所でする相続放棄は、それとは異なり、
財産も債務もすべてを放棄するというものです。

 

相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内にしなければならないと定められています。

 

必要書類は、相続放棄する方と被相続人の関係により、
異なりますが被相続人の住民票除票又は戸籍附票、放棄する方の戸籍謄本などが必要になります。

 

被相続人の死亡から出生までさかのぼる戸籍が必要ですので、
被相続人が転籍を何度もされている方ですと、
戸籍を集めるだけでもなかなか大変な作業です。

 

弁護士に依頼することで、戸籍集めはもちろん、
相続放棄が本当にとるべき選択肢なのかという点も踏まえ、
あなたにとってよりよい選択となるアドバイスをうけることもできますので、
相続財産に債務があってお困りであれば、
なるべく早く弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

相続放棄は、相続を知った時から3ヶ月以内にしなければなりませんが、
例外的に3ヶ月を過ぎてもできる場合があります。
詳しくはこちらをご参照ください↓
3ヶ月の期間経過後でも相続放棄できる場合

スポンサードリンク
スポンサードリンク