生命保険は特別受益にあたるか判例について

スポンサードリンク

生命保険は特別受益にあたるか判例について

特別受益、特別受益の持戻しとは

被相続人が亡くなってから、
被相続人の財産を相続人で分配することになりますが、
被相続人から生前贈与を受けていたような場合、
相続分を先にもらっていたと考え、
他の相続人とのバランスを取る必要があります。

 

 

相続分を先にもらっていたと考える財産を
「特別受益」といいます。

 

特別受益が認められる場合には、
その分相続財産の分け前が減るわけですが、
この受益分の考慮を「特別受益の持戻し」といいます。

 

特別受益にあたるもの

どのようなものが特別受益にあたるかといいますと、
金銭や不動産、不動産購入資金を
与えていた場合が典型的なものです、

 

その他、婚姻(養子縁組)のための持参金や支度金などの「婚資」や、
相続人で高卒の者と大卒の者がいる場合は、
大学以上の高等教育や留学の費用、
留学に準じるような海外旅行の費用も
特別受益にあたると考えられます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

相続人の中で、被相続人の生命保険の受取人となり、
生命保険を受け取った場合、
それが特別受益にあたるかどうかは、
判例上は、生命保険金を原則として特別受益として扱わないくてよい
としましたが、保険金の額と資産の総額に対する比率、同居の有無、被相続人の介護や、
各相続人の生活の実態等、諸般の事情を総合的に考慮して判断すべきもとし、
相続人間の不公平が到底是認できないと
評価すべき特段の事情がある場合には、
特別受益に準じて扱うとされています

 

なお、生命保険金が特別受益にあたるとされた場合、
その持ち戻しの金額をどうするかは、
考え方がわかれます。

 

裁判例でも、持ち戻しの金額について
払い込んだ保険料の金額、受け取った保険金、解約した場合の解約返戻金など
様々な例があります。

 

どんなものが特別受益にあたり、どのぐらいの金額になるのか算定も難しい場合も多いですので、
具体的な算定は、弁護士にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク