相続人に未成年がいる場合(特別代理人の選任)

スポンサードリンク

相続人に未成年がいる場合(特別代理人の選任)

相続人に未成年がいる場合

夫が死亡し、相続人が妻と未成年の子というような場合、
遺言書がない場合、妻と子で遺産の分割の話し合いをすることになりますが、
未成年の子は単独では、遺産分割協議をすることはできません。

 

 

そこで未成年には、代理人をつけて遺産分割協議をしなければならないことになりますが、
通常、未成年者の法定代理人として、親が未成年者の代わりに法律行為を代理したり、
同意をしたりしますが、親と子の利益が相反する場合は、
親は子の代理人となることはできません。

 

特別代理人の選任が必要

遺産分割協議は、親の利益が子の不利益と相反するものですので、
未成年の子に親以外の代理人「特別代理人」を選任し、
この特別代理人と親が遺産分割協議をしなければならないということになります。

 

未成年の子が2人の場合は、それぞれに特別代理人が必要ですので、
特別代理人2人と親が遺産分割協議をするということになります。
(特別代理人を選任せずにされた遺産分割協議書は無効となります。
一般的な感覚では、夫が死亡し、妻と幼い子どもが相続した場合、
妻と子が協議や相談などもせず、妻が夫のものを相続し、
その財産で子を育てていくというのが普通で、当然のようにそのような手続きができると感じますが、
法律的にはそうはなっておらず、面倒ではありますが、
このような段階を踏まなければならないことになっています。
なお、遺言書を作成し、「妻に全財産を相続させる」という旨の遺言があれば、
このような手続きを経ずにスムーズに妻名義に財産をうつすことができます。)

 

特別代理人の選任の申し立ては家庭裁判所で

特別代理人の選任は家庭裁判所で申し立てることができます。
特別代理人の申立をするときに、特別代理人の候補者を記載することになります、
相続人以外の成人であれば特に資格や欠格事由はありません。
親、兄弟、親戚などに頼める方がいる場合、その方にお願いするとよいでしょう。

 

頼めるような方が思い当たらない場合は、専門家などの第三者でも構いません。
弁護士などに依頼することで、特別代理人の人選についても相談できますので、
弁護士にご相談ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク