借金、ローンなど債務がある場合の遺産分割について

スポンサードリンク

借金、ローンなど債務がある場合の遺産分割について

借金、ローンなど債務を相続する場合

被相続人が死亡した場合、相続人はその財産を相続しますが、
相続するのは、現預金、不動産といったプラスの財産だけでなく、
借金、ローンなどのマイナスの財産も相続します。

 

相続人どうしで、相続財産を
どのように分け合うかの話し合い(遺産分割協議)をする際、
プラス財産の分配と同時に、借金、ローンについての負担を話し合い、
相続人の中の一人がこれを相続すると決めることは、
相続人の当事者間では有効です。

 

しかし、裁判所は借金、ローンについての遺産分割協議について、
次のような考え方を示しています。

 

「遺産分割の対象となるものは、被相続人の有していた積極財産だけであり、
被相続人の負担していた消極財産たる金銭債務は
相続開始と同時に共同相続人にその相続分に応じて当然分割
承継されるものであり、遺産分割によって分配されるものではない。」

 

つまり、裁判所は遺産分割協議は、プラスの財産の分配を話し合うもので、
借金、ローンについては、
それぞれが法定相続分に応じて負担するものとしています。

 

ですから、遺産分割協議で借金、
ローンを引き継ぐ者を決めたとしても、
債権者(銀行など金融機関)に対して、
この取り決めを主張できるとは限りません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

債権者である銀行などには
承諾を得ない限りそれを主張できないということになります。
債権者は、相続人の法定相続分に応じて、
それぞれに請求する権利があります。

 

実際上、条件にもよりますが、
銀行などの債権者がこの取り決めを承諾してくれることも
ありますので、そこは当事者間の状況と交渉力にもよります。
円滑な遺産分割協議と、債権者側の承諾を得るためにも、
弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

なお、借金を受け継ぎたくないという場合は、
家庭裁判所で相続放棄の手続きをするという選択肢もあります。
この場合、プラス財産も全く相続できないということになります。

 

いずれにしても、財産に借金、ローンがある場合は、
弁護士に相談し、選択肢のメリット、デメリットを吟味して
検討するのがよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク