遺産分割の方法(現物分割、代償分割、換価分割)

スポンサードリンク

遺産分割の方法(現物分割、代償分割、換価分割)

遺産分割協議とは

被相続人(亡くなった者)の財産を
相続人で分配することになりますが、
遺言がある場合は、
それにしたがって財産を分配することになりますが、
遺言がない場合、相続人の協議で決めることを
遺産分割協議といいます。

 

相続人には、法律で定めた取り分の法定相続分というものがあります。
例えば夫が亡くなり、相続人が妻と二人の子の三人という場合は、
妻が2分の1、子がそれぞれ4分の1ずつということになります。

 

相続財産が現金(預金)だけで、
綺麗に割り算できるものであれば、
簡単に話はすみますが、土地、建物の不動産や自動車などの動産など、
さまざま財産を合算して、
それをどのようにわけるのかを話し合うのが
遺産分割協議です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

遺産分割の方法

遺産分割には現物分割、代償分割、換価分割と、
大きくわけて3つの方法があります。

 

現物分割

現物分割は、この土地、家は妻、自動車は兄、
預金は弟というふうに、財産をそのまま分けるやり方で、
遺産分割の最も原則的な方法です。

 

代償分割

代償分割は、不動産を相続する者と、
自動車を相続する者というふうにわけた場合、
そのモノにあまりに価値の差がありすぎて不公平な場合に、
不動産を相続した者がもらいすぎの部分を、
価値の少ない者を相続したものに代償として
金銭を支払いバランスをとるというやり方です。

 

換価分割

換価分割は、不動産や自動車が相続財産であるものの、
相続人全員が遠方の地に家がある場合など、
これ自体を相続しても使い道がないような場合に、
そのものを売却して金銭を分配するというやり方です。

 

遺産分割協議がまとまったら

このように調整しながら、相続人全員が納得する遺産分割がまとまれば、
遺産分割協議書を作成し、相続人全員が署名し、実印で捺印し、
それぞれの物を相続人に移転し、名義をそのものにするという流れになります。

 

相続財産の話し合いは、それまで仲のよかった家族に亀裂を入れ、
骨肉の争いのタネになる場合も多いですので、
くれぐれも話し合いがまとまるまでは財産の扱いには注意しましょう。

 

相続財産の調査や算定など専門的知識が必要なものもありますし、
遺産分割協議書の作成やそれぞれの名義の手続きの名義変更など、
煩雑なものもたくさんありますので、相続が開始したら、
(相続人の間で話し合いがまとまりにくそうな場合は特に)
弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク