内縁の妻の相続について(特別縁故者への財産分与とは)

スポンサードリンク

内縁関係の夫妻の相続について(特別縁故者への財産分与とは)

内縁関係(事実婚)の夫婦は相続人とならない

法律上の夫婦は配偶者が死亡した場合、
相続人となりますが(特殊な例外を除いて)
内縁関係のいわゆる事実婚の夫婦は配偶者が死亡しても相続人とはなりません。
(逆に、事実婚でも法律婚と同様に扱われるのは、
内縁の夫が死亡した場合の労災保険金の受給や、
公務員の死亡退職金の受給、
交通事故で夫が死亡した場合の損害賠償請求権などです。)

 

 

特別縁故者への財産分与とは

内縁関係の者が配偶者の財産を引き継ぐには
「特別縁故者への財産分与」という方法があります。

 

これは被相続人に相続人が誰もいない場合に、
被相続人と生計を同じくしていた者や、被相続人の療養看護に努めた者、
その他被相続人と特別の縁故があったものに、
家庭裁判所の手続きによりその財産の分与をするというものです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

「相続人が誰もいない」のはレアケース

相続人が誰もいないというのは、被相続人に配偶者もおらず、子もおらず、
親も死亡していて、兄弟姉妹がいないあるいは死亡していて、
兄弟姉妹の子ども死亡あるいはいないというふうに、
誰もいないという状態ですので、なかなかレアケースです。

 

このように、相続人がに、家庭裁判所に申し出て
という制度ですので、この制度で
内縁関係の方がパートナーの財産を引き継ぐのは
非常に珍しく大変な話です。

 

内縁関係の相手にスムーズに財産を引き継がせるには

一番スムーズにスマートに内縁関係の者に財産を引き継がせるのは、
遺言書を作成し、その旨を記載しておくことです。
法律の要件を満たした遺言書を書いておくことで、
スムーズにスマートに財産を引き継がせることができます。

 

内縁関係の方がいて、
今後も入籍して法律にのっとった婚姻をするつもりがなく、
しかし今後も人生を共にし、自分が死亡した場合は、
財産を引き継がせたいという方は遺言書を書いておくことをおすすめいたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク