ゴルフ会員権の相続手続きについて

スポンサードリンク

ゴルフ会員権の相続手続きについて

会員制ゴルフ場の大部分は預託金会員制

ゴルフ会員権とは、会員制ゴルフ場の会員の地位のことをいいます。

 

会員制ゴルフ会員権には、預託金会員制、
株主会員制、社団法人制の3種類がありますが、
会員制ゴルフ場の大部分は預託金会員制になっています。

 

預託金会員制のシステムのゴルフ場は、
ゴルフ場と入会契約を結ぶ際に、
入会保証金を預託することにより会員になります。

 

会則でゴルフ会員権を相続できない旨
定められている場合もありますが、
実際は、ゴルフクラブの理事会の承認を得て相続を認めているゴルフ場も
ありますので、相続できるかどうかは、
ゴルフ場にお問い合わせください。

 

ゴルフ会員権を相続できる場合、
相続人のうちから代表者を一人定め、
その者がゴルフ会員権を相続することになります。
あるいは、相続人の中にゴルフをするものがいず、
ゴルフ会員権が不要という場合は、
ゴルフ会員権業者を通じて売却することができる場合もあります。

 

 

ゴルフ会員権の相続手続きに必要な書類

ゴルフ会員権を相続する場合のゴルフ場の手続きは、
被相続人所有のゴルフ会員権を代表相続人へ
相続することを明らかにした書類が必要になります。

 

・戸籍謄本もしくは除籍謄本

 

・ゴルフ会員権を相続する者も含め、
全相続人の住所、氏名、実印押印等を記載した相続同意書
(相続同意書の用紙はゴルフ場所定のものがあると思いますので
ゴルフ場で入手してください)

 

・相続同意書に押印した全相続人の印鑑証明書

 

・改製原戸籍

 

その他のものが必要なものがある場合もありますので、
ゴルフ場にお問い合わせください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク