相続できる財産にはどのようなものがあるか

スポンサードリンク

相続できる財産にはどのようなものがあるか

相続財産とは、被相続人が亡くなった際に、その人のもつ
プラスの財産とマイナスの財産のすべてのことをいい、
相続人は原則として
一切の権利義務を承継することになります。

 

 

「相続財産」というと、
不動産や預貯金など、プラスの財産のイメージがあると思いますが、
借金、ローンなどマイナスのものも承継しますので、
マイナスの方が多ければ、相続財産はマイナスということになります。

 

 

相続財産の例

プラスの相続財産
・現金、預貯金や、株券、貸付金、売掛金、小切手などの有価証券
・土地、建物の不動産や借地権、借家権といった権利
・自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品などの動産
・慰謝料請求権、損害賠償請求権などの債権
など

 

マイナスの相続財産
・借金
・住宅ローン
・未払いの税金
・未払いの債務
など

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

 

相続しないもの

 

相続財産はプラスのものもマイナスのものも
一切を引き継ぐのが原則ですが、性質上、相続人に受け継がれないものもあります。

 

生活保護を受給する権利、運転免許証や国家資格など、
その者の能力や個性に応じた一身専属権は相続財産となりません。

 

香典、弔慰金、葬儀費用などは相続人への贈与とみなされ「相続財産」とはなりません。

 

生命保険請求権(受取人指定方法による)、死亡退職金、遺族年金なども相続財産とはなりません。

 

墓地、墓石、仏壇、祭具、系譜などの祭祀財産も相続財産とならず、
祭祀を承継する者が承継します。

 

 

このように被相続人がのこしたもので相続財産となるもの、ならないものがありますが、
それらを探したり、相続財産の名義の変更手続きなどは、
かなり煩雑で法律知識と手続きに詳しい方でないと、かなり大変かと思います。
プラス財産とマイナス財産を調べ、相続財産をどのように扱うべきか
弁護士など法律の専門家にご相談されることでかなりスムーズになりますので、
なるべくはやくご相談されることをおすすめします。

 

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント
スポンサードリンク
スポンサードリンク