特別養子縁組の条件、手続き、届け出、普通養子縁組の違いについて

スポンサードリンク

特別養子縁組の条件、手続き、届け出、普通養子縁組の違いについて

養子縁組と特別養子縁組の違い

養子縁組とは、実の親子ではない者どうしに
法律上の法律上の親子関係を成立させるものですが、
養子縁組が成立しても、養子と実の親との間での
親子関係が消滅するものではありません。

 

養子と実の親の間の相続関係、
扶養義務はそれまでどおり残ります。

 

養子縁組をする際に、養子と実の親の親子関係を消滅させ、
養親子間の親子関係の絆をさらに強くするための制度が、
「特別養子縁組」というものです。

 

普通の養子縁組の場合、
戸籍には養子である旨が記載されますが、
特別養子縁組の場合、戸籍上の記載でも、
養父母のみが父、母と記載され、
続柄も「長男」「長女」というように、実子と同様の記載がされます。

 

特別養子縁組はこのように、子の福祉のために、
実親子のような関係を養親子間に作り出すものですので、
特別の事情がなければ離縁することはできません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

特別養子縁組をする場合の要件

養子縁組と比べ、特別養子縁組を成立させるためには、
条件が厳しく厳格な手続きとなっています。

 

特別養子縁組を成立させるには、次の条件を満たし、
6カ月以上の試験的な養育期間を経て、
家庭裁判所の許可を得ることが必要です。

 

・養親が結婚していて、夫婦ともに養親になること
・養親の2人が20歳以上で、一方が25歳以上であること
・養子になる子供が6才未満であること
(6才未満から養育していたことが認められた場合は、8才未満)
・実父母の同意があること

 

家庭裁判所から審判による許可を得て、
市区町村の戸籍課に
家庭裁判所の審判書の謄本と確定証明書を添付し
「特別養子縁組届」を提出しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク