養子縁組の条件、手続き、届け出などについて

スポンサードリンク

養子縁組の条件、手続き、届け出などについて

養子縁組とは

養子縁組とは、実際の親子ではない
養親と養子との間に、親子関係を成立させるものです。

 

社会通念上親子関係と認められる関係を
成立させるという意思が当事者にあり、
その旨を届け出ることで養子縁組は成立します。
(親子関係を成立させる意思がないのに、なんらかの方便のために
養子縁組届出をしても、その縁組は無効となります。)

 

養子縁組が成立すると、法律上は、本当の親子と同じ関係となります。
養子は養親の氏となり
養親との間に相続の権利や、扶養の義務が発生するということです。

 

養子縁組が成立しても、実の親子関係が切断されるわけではない

なお、養子縁組が成立しても、養子と実の親の親子関係が
切断されるわけではありません。

養子と実の親との相続関係や扶養義務は、
縁組前と同様に継続することになります。
(実の親との関係を消滅させるには、「特別養子縁組」という方法を取ることが必要です。
特別養子縁組についてはこちらをご参照ください↓
特別養子縁組の条件、手続き、届け出などについて

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

養子縁組をするための要件

養子縁組をするための要件としては、次のようなものがあります。

 

・養親となる者が成年(20歳)に達している

 

・養子が養親となるものより年上や尊属ではない

 

・養子となる者が15才以上であれば、本人の同意、
15才未満であれば、法定代理人が承諾があること

 

・後見人が被後見人を養子とする場合は家庭裁判所にそのの許可を得ていること

 

・配偶者のある者が養子縁組をする場合は、夫婦共同でするか、
他方配偶者の同意を得ていること
(配偶者が意識不明や行方不明の場合は同意不要)

 

・未成年者を養子にする場合は、自分の直系卑属または配偶者の直系卑属を
養子にする場合を除いて、家庭裁判所の許可を得ていること

 

 

養子縁組の届け出

養子縁組の届け出は、縁組当事者の本籍地、住所地の
市町村役場に養子縁組届け出を提出することによってます。
(養子縁組届け出用紙は市町村役場に備え置かれています)

 

養子縁組届出には、成年に達した証人2人の署名と捺印が必要です。

 

持参するものは、届書を持参する方の本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)、
家庭裁判所の許可が必要な場合は、その許可を証する審判書、
子の法定代理人の承諾が必要な場合は承諾書、
養子及び養親の本籍地以外に届ける場合は、戸籍謄本などです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク