香典の書き方、金額はいくらぐらいがよいか?

スポンサードリンク

香典の書き方、金額はいくらぐらいがよいか?

香典の書き方

香典は、葬儀、通夜、告別式などの際に
遺族に対して手渡されるもので、
香典袋は、葬儀の宗教・相手の宗旨宗派、
また金額にあわせたものを選びましょう。

 

のし袋は宗教によって異なりますが、
「御霊前」と書いたものであれば、どの宗教でも使うことができ、
また、通夜・告別式のいずれでも使うことができます。

 

浄土真宗の場合は、
「御仏前」と書くとよいでしょう。
「御佛前」「御仏前」は、浄土真宗以外の場合は、
四十九日(七七日忌)以後の法要で用いるのが一般的です。

 

中包みがある場合は、
中包みに住所・名前・金額を記入しましょう。
金額の書き方につかう漢字は、
「壱(1)」「弐(2)」「参(3)」「阡(千)」「萬(万)」
の旧漢字をつかいましょう。

 

お札の顔が描いてある表面が、
中袋の裏側になるように入れてください。

 

一般的には、香典に新札入れるのは、
あらかじめ準備していたかのようにとらえられるので、
古いお札の方がよいとされていますが、
最近は新札でも
失礼にあたらないという考え方もされてきているようです。

 

とはいえ、遺族の方が年配の方であれば、
昔ながらのイメージをお持ちの場合が多いと思いますので、
新札しかないという場合も、
わざと折り目をつけるなどして入れると、
無難かもしれません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

香典の金額の相場

香典の額は、一般的には、
3,000円、5,000円、1万円、3万円、5万円、
10万円、30万円、50万円の
切りのよい奇数の金額のいずれかですが、
参列する方の年齢や、
故人との間柄によって判断することになりますが、
30代以下の若い世代の友人の場合は3,000円、
それ以上の世代では
5,000円というのが相場ではないでしょうか。

 

職場の同僚、部下、上司、取引先などの場合は、
その親密度などにもよりますが、
5,000円〜1万円程度が相場ではないでしょうか。
なお、上司が亡くなった際に、
いくら親密な間柄であったとしても、
部下が不相応に多くの香典を包むのは失礼にあたるので
注意が必要です。

 

親が死亡し、兄弟姉妹のひとりが喪主をつとめるときに、
他の兄弟姉妹は香典を出すべきかということについてですが、
両親と同居の兄弟姉妹が喪主をつとめる場合は、
その他の別居している兄弟姉妹が
香典を出すのが一般的なようです。

 

その際の金額は3万円〜10万円程度が相場と考えられます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク