葬儀の挨拶、お悔やみの言葉で言ってはいけない忌み言葉

スポンサードリンク

葬儀の挨拶、お悔やみの言葉で言ってはいけない忌み言葉

葬儀に参列する際の挨拶

葬儀に参列する際は、非日常的な状況で、
どのような言葉をかけてよいか、
言葉づかいを気にされる方も多いかと思います。

 

通夜・葬儀においてどのように
言葉をかけてよいか難しい場合は、
「このたびは、まことにご愁傷様でございます。
心からお悔やみ申し上げます。」
と、一般的なお悔やみの言葉を告げるとよいでしょう。

 

遺族の方も悲しい気持ちで、
どのような言葉を発してよいのかわからない状況と思いますので、
手短に定型的な挨拶だけですませた方が
双方にとってよいということも少なくありません。

 

通夜・葬儀の際に言ってはいけない忌み言葉

通夜・葬儀の際に言ってはいけない忌み言葉として、
「重ね重ね」「また」「もう一度」
「いよいよ」「まだまだ」「くれぐれも」
「次々」「たびたび」「かえすがえすも」
「つくづく」「引き続き」「繰り返す」「しばしば」
という繰り返しを連想させる言葉は避けるべきですが、
もしついこれらの言葉が出てしまっても、

 

そこまで過敏に意識する必要はないでしょう。
そこで「言ってしまった」と慌てたリアクションをしてしまう方が
不自然で失礼ですので、
もし口に出してしまっても意識しないようにした方がよいでしょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

宗教によって異なる言葉づかい

また、宗教によっても言葉遣いに違いはあります。
例えば、「心より、ご冥福をお祈り申し上げます。」
という一般的な挨拶の言葉がありますが、
「冥福」は仏式葬儀の用語となるため、
神道やキリスト教の葬儀においてはこの言葉は通常使わず、
また、仏教の中でも浄土真宗の場合は教義の違いから、
この言葉を使いませんので、
個人の方の宗教によって
言葉遣いが異なる事は知っておいた方がよいでしょう。

 

他にも「供養」「極楽」「冥土」
「往生」「他界」「成仏」も仏教用語で、
神道では「永別」「帰天」、
キリスト教では「召天」「神のもとに召され」
という言葉遣いがされますので、葬儀の様式を事前に調べ、
ふさわしい単語をチェックしておくとよいかもしれません。

 

忌み言葉と同様に、このような宗教上の言葉も、
知っておき、避けた方がよいことではありますが、
遺族の方も気にされない場合が多いと思いますので、
ついつい出てしまった言葉はそこまで意識する必要もなく、
むしろ妙な反応をしてしまわないようにしましょう。

 

もっとも気をつけるべきこと

また、そのような言葉遣いよりも、
「がんばって」「元気だして」というような励ましの言葉が
かぞって遺族の方の神経を逆撫でしたり、
不快感を抱くことにつながったりしますので、
葬儀に参列した際はできるだけ手短かに、
定型の挨拶ですませて、
静かに故人を偲ぶ方がよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク