葬儀でのお焼香の仕方、マナー、注意点

スポンサードリンク

葬儀でのお焼香の仕方、マナー、注意点

お焼香の仕方の種類

通夜、葬儀ではお焼香を行いますが、
粉末のお香(抹香)を焚いて故人を拝み、
故人に対して喪に服し、供養をし、身を清めるという意味があります。
お焼香の作法には、主に立って行う立礼焼香、座って行う座礼焼香、
香炉を回して行う回し焼香の3種類がありますが、
自宅や寺院では座礼が多いですが、
近年は専用式場で葬儀が行われることが多く、
立礼焼香で行われるのがほとんどです。

 

お焼香の順番、回数

 

焼香の順番は、喪主やご遺族が終わってから、一般会葬者となります。
焼香の回数は、宗派によって異なりますが、
2回、3回とする宗派の場合でも参列者の人数などにもよって1回で行うよう
アナウンスがある場合もありますので、
周囲の方の回数に合わせて行うとよいでしょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

一般的な焼香の仕方

@周りに会釈をして席を立ち、焼香台の数歩手前で喪主(と家族)に向かって一礼
A焼香台の一歩手前で祭壇の遺影や位牌を仰ぎ見て、一礼
B一歩前に進み、抹香を右手親指と人差し指・中指の3本でつまみ、
目の高さに掲げ、香炉の中に静かに落とします。
C数珠を両手の人差し指と親指の間にかけ、合掌
D祭壇に向かい、再び遺影や位牌を仰ぎ見た後、祭壇に一礼
E一歩後ろに下がり、祭壇に向かい一礼
F焼香台の前から離れ、喪主(と遺族)に向かって一礼します。

 

というのが一応の一般的な作法ですが、
大切なのは故人を偲ぶ気持ちですので、
細かいルールを間違えてもそれほど失礼ということでもないですので、
そこまで意識して緊張する必要はありません。

 

線香の火は絶対に息で消さない

 

なお、線香をあげる場合は、手であおぐか、線香をふって火を消すようにしてください。
息を吹きかけて火を消すのは厳禁です。
これをやると失礼ということもありますし、
参列者にもかなり悪い印象を与えて恥をかくことになりますので、
これだけはじゅうぶんに注意してください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク