葬式の服装(スーツ、コート、ネクタイ、ハンカチなど)の注意点

スポンサードリンク

葬式の服装(スーツ、コート、ネクタイ、ハンカチなど)の注意点

お葬式の服装や持ち物など身に付けるものは、
親族として参列する場合や会葬者として
参列する場合でマナーが異なる場合があります。

 

今回は、そのような葬式の際の服装の注意点について
説明していきます。

 

親族として通夜・葬儀に参列する場合の服装

親族として参列する場合の服装は通夜・葬儀ともに
男性の場合は黒のスーツ、
女性の場合は膝がかくれる丈の黒のワンピース、スーツ
が一般的です。

 

和装、モーニングなど
正式な喪服を着用すればなおよいですが、
最近は、家族葬の様な小規模の葬儀では、
親族も黒のスーツの略式で行われている場合が増えています。

 

スーツは、3つボタン2つボタン、
シングル、ダブルいずれも問題ありませんが、
ストライプのものは避けましょう。

 

コートの色は黒で、光沢や色のついたボタン、
ゴールドやシルバー素材などのボタンがついてないものとしましょう。

 

毛皮、革製品、ファーなど、殺生を
イメージさせるものは避けましょう。
(バッグや小物もアニマル柄など
殺生をイメージさせるものは避けましょう。)

 

夏場は暑くてもスーツのジャケットを脱ぐのは
マナー違反となりますので、
気をつけましょう。

 

喪服を一着準備しておきたい場合は、
オールシーズンのものか、
夏用のものとした方がよいかと思います。

 

持ち物は数珠を忘れずに準備し、
ハンカチは白か黒の無地のものとしてください。
時計や指輪も派手な物は避け(結婚指輪はかまいません)、
女性はバッグや髪留めなど小物も黒で統一しましょう。
パールのネックレスを身につける場合
は二重にしないようにしてください。

 

シャツはボタンダウンのものや、
柄物や色物は避け、ベルトも黒で、バックルは
金色や光るものをさけシルバーのものとしましょう。
ネクタイは黒で無地のものにしましょう。

 

靴も光沢のない黒で金具のない革靴で靴下も黒とし、
女性は、ピンヒールは避け、
ヒールの高くない黒のパンプス、黒のストッキングにしましょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

会葬者として参列する場合の服装

会葬者として参列する場合は、
通夜・葬儀ともに親族の場合と同様の服装でも構いませんが、
通夜の際は、必ずしも喪服でなくても、
普段の仕事用のスーツや、女性の場合は、
黒でなくても紺、グレーの地味な色のワンピースでもよいでしょう。

 

お子さんは通夜・葬儀ともに学校や幼稚園・保育園の制服や、
黒や濃のジャケット、ズボン、スカートがよいでしょう。

 

急な知らせで、喪服を持っていない場合は、
葬儀社やインターネットで貸し衣装のサービスを行っている業者もあり、
1万円前後で借りることができますので、
いざという場合は、このようなサービスを利用してもよいでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク