葬儀代、仏壇、墓石を相続財産から支払ったら相続放棄はできない?

スポンサードリンク

葬儀代、仏壇、墓石を相続財産から支払ったら相続放棄はできない?

相続財産を処分した場合は相続放棄ができない

相続放棄はプラス財産、マイナス財産、一切を相続しないというもので、
原則として相続財産の預貯金を使ったり、モノを売却したり処分するなど
手をつけてしまった場合など、
「相続財産の処分」をした場合、相続放棄できないことになります。

 

また、被相続人(亡くなった方)の債権の取り立て
(債務者に支払いをうながすような行動)を行ったりしても、
相続財産の処分とみなされ、相続放棄できなくなりますので、
ご注意ください。

 

「相続財産の処分」の例外

しかし、相続財産に手をつける行為の「相続財産の処分」には例外があり、
相続財産の預貯金を使ったとしても
通常の葬儀費用、火葬費用、治療費を支払うことは、
「相続財産の処分」にあたらず、
相続放棄はできると考えられています。

 

仏壇及び墓石については、
平成14年7月3日の大阪高等裁判所決定で、
具体的事情を考慮しながら、不相当に高額でなければ、やむを得ない
としていますので、相当の範囲内の支出であれば、
相続財産の処分とはされずに、
相続放棄ができると解されています。

 

ですので、葬儀代、仏壇、墓石を遺産から支出しても、
相続放棄ができる場合が一般的ではありますが、
程度にもよりますので、相続放棄を考えている場合は、
預貯金には手をつけない方が無難です。
相続財産からでないとそれらの費用を支払うことができないなどの
状況の場合は、弁護士に相続放棄を考えている旨を伝えて相談した方がよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク