相続放棄をしたのに債権者から請求、取立てが続く場合は?

スポンサードリンク

相続放棄をしたのに債権者から請求、取立てが続く場合は?

多くの借金などを相続することになった場合は、
相続放棄をすることで、借金を相続しないことになります。
預貯金や不動産などのプラス財産も一切相続できないことになりますが、
明らかに借金の方が多い場合は相続放棄を検討した方が
よいかもしれません。

 

相続放棄は、被相続人の死亡を知った時から3ヶ月以内に、
必要書類を準備して、被相続人の最後の住所地の
家庭裁判所に申し立てる必要があります。

 

必要書類を集めたり、
不備のない書類を作るのは労力と時間がかかりますので、
弁護士などに早めに相談されることをおすすめします。

 

相続放棄をしたのに請求、取り立てが続く場合は

相続放棄の手続きが完了すると、
相続人では無くなりますので、
被相続人の借金を返済する必要がなくなりますが、
そのままでは債権者は、相続放棄したことを知らないので、
引き続き取り立てや請求を継続してきますので、
相続放棄を行った場合、債権者がわかっている場合は、
債権者に通知する必要があります。

 

家庭裁判所で相続放棄をする際に、
「相続放棄申述受理通知書」をもらえますので、
その書類をコピーして、債権者に送付し、
相続放棄した旨を伝えてください。

 

相続放棄を通知してもなお、請求、取り立てが続く場合は、
くれぐれも取り立てに怯えて
お金を支払ってしまったりすることのないようにご注意ください。
そのような場合、弁護士にご相談していただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク