不動産の相続税を計算するための相続税路線価とは?

スポンサードリンク

不動産の相続税を計算するための相続税路線価とは?

土地の価格はさまざまな算定方法があります。
地価公示法に基づいて算定される地価公示や、
実際に取引される額の実勢価格などといったものがありますが、
贈与や相続の際に土地の値段を計算する際、
その土地の価格としてつかわれる「路線価」というものがあります。
相続税、贈与税を算定する際はこの路線価で
土地の価値を算出します。

 

路線価とは

路線価(ろせんか)は、国税庁が公表するもので、
路線(不特定多数が通行する道路)に面する
宅地1m2当たりの土地評価額のことをいいます。
毎年7月に1月1日時点の価格が公表されます。

 

路線価には、
相続税路線価と固定資産税路線価があります。

 

相続税路線価は相続税、贈与税の算定の基準となり、
地価公示価格の約8割の価格
固定資産税路線価は固定資産税や
都市計画税・不動産取得税・登録免許税
の算定の基準となり、地価公示価格の約7割の価格となっています。

 

 

財産評価基準書 路線価図・評価倍率表はこちらをご参照ください。
http://www.rosenka.nta.go.jp/

 

なお、路線価は面している道路を基準に
土地の価値を決めるものですが、
場合によっては、土地の価値がいびつで実際に売却する際は、
売値がかなり低くなるような土地もあります。

 

このような場合、不動産鑑定士の鑑定により税務署に申告することで、
路線価よりも低い価格となり、贈与税、相続税を安くおさえることができる場合もありますので、
不動産鑑定士にご相談ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク