遺言執行者の選任について

スポンサードリンク

遺言執行者の選任について

遺言執行者とは

遺言執行者とは、相続人の代理人として、
財産の分配、名義変更や各種手続きなど
遺言書の内容を具体的に実現する人をいいます。

 

遺言執行者の選任は、
遺言で指定されている場合はその者が承諾した場合、
その者が行いますが、指定された者は拒絶することも自由です。

 

承諾した場合は
直ちに任務を行わなければなりません。

 

遺言執行者の指定または指定の委託

(「遺言執行者を選んでくれ」という指定)がない場合、
指定された者が就職を拒絶した場合、
遺言執行者が死亡、解任、辞任、
資格喪失などの事由で不在となった場合、
利害関係人(相続人など)は、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所に
遺言執行者の選任を申し立てることができます。
家庭裁判所への申立書には、通常、
遺言執行者の候補者を記載しておきます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

遺言執行者になることができない者

法律上、遺言執行者になることができない者は、未成年者および破産者です。
遺言執行者は、法人(信託銀行など)や、相続人又は受遺者を遺言執行者
もなることができます。

 

遺言執行者は身内よりも弁護士がベター

法律上、相続人のうちの誰かが遺言執行者となることができるわけですが、
やはり、どうしても相続人の一人が行うと、
「自分に有利なように事を進めているのではないか」
などといった不正を疑う感情や、不満などから争い、
トラブルのタネになったりすることも
考えられますので、遺言執行者は法律、手続きに詳しい弁護士を指定することで、
そのようなトラブルを防ぎ、また財産の分配がスムーズに進みますので、
遺言書に遺言執行者の指定がなく、
遺言執行者を誰かに依頼しようとお考えの方は、
弁護士にご相談されることをおすすめします。 

スポンサードリンク
スポンサードリンク