贈与税がかかる場合、贈与税の課税対象となるみなし贈与財産とは

スポンサードリンク

贈与税がかかる場合、贈与税の課税対象となるみなし贈与財産とは

みなし贈与財産とは

無償で財産を譲り渡す贈与をした際は、
贈与税という税金が課せられます。
「みなし贈与財産」とは、必ずしも「贈与」という外形、
意識でしたものではないものでも、
「贈与」とみなされて、贈与税の課税対象となるものをいいます。

 

みなし贈与財産の具体例

低価格の売買

相場と比較して極端に低価格の売買がされた場合は、
その相場との差額ぶんを贈与とみなされ、
贈与税の課税対象となる場合があります。
(相場より安ければ全てみなし贈与財産とされるわけではありません。
「売買」という名目で事実上
贈与だと考えられる場合にあてはまります。)

 

身内での金銭の貸し借り

親子間や身内での金銭の貸し借りについて、
みなし贈与財産とされる場合があります。
「あげた」のではなく「貸しただけで、そのうち返してもらうつもりだ」
ということにすると、
贈与税を回避できることになってしまうので、
名目上、貸したとするものでも、
事実上は贈与したものとみなされる場合は、
贈与税の課税対象となります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

債務の免除、借金の肩代わり

他人にお金を貸していたものを、
返さなくてもいいよと債務の免除をした場合や、
他人が借りていたお金を、代わりに支払ってあげた場合などに、
債務者が贈与を受けたものとして、
贈与税の課税対象となります。

 

生命保険、傷害保険など保険金の受け取り

保険料を支払っていた人ではない人が、保険金を受け取った場合、
みなし贈与財産となります。

 

死亡退職金を受け取った場合もみなし贈与財産となり、
贈与税の課税対象になります。

 

夫が妻の年金保険の掛金を負担し、妻が年金を受給した場合も
みなし贈与財産となり、
贈与税の課税対象になります。

 

国税庁HP 贈与税がかかる場合
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm
国税庁HP 贈与税がかからない場合
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
国税庁HP 贈与税の対象になる生命保険金
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4417.htm

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク