特定贈与信託のメリット、デメリットについて

スポンサードリンク

特定贈与信託のメリット、デメリットについて

特定贈与信託とは

特定贈与信託は、重度の心身障がい者、
中軽度の知的障がい者および
障害等級2級または3級の
精神障がい者等(これらを「特定障害者」といいます。)
のご親族等が、信託銀行等に信託をすることにより、
重度の障害をもつ特別障害者については、最高6,000万円まで、
特定障害者(中軽度の知的障がい者および
障害等級2級または3級の精神障がい者等)の方については
3,000 万円を限度として贈与税が非課税となるというものです。

 

通常、財産を無償で譲り渡す贈与をする場合、
受贈者(もらう側)に贈与税という税金が課せられますが、
この制度を利用することで、
その税金を支払う必要がなくなるというものです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

特定贈与信託をする方法

この制度を利用する際は、信託銀行を経由して、
税務署に申告書を提出するという流れになります。
(信託銀行等を経由せずに税務署に申告書を提出することはできません)

 

信託できる財産は、主に金銭、金銭債権、株券、
賃貸不動産や受益者の居住用不動産となっています。
信託された財産は、信託銀行により管理、運用され、
生活費、養育費が定期的に障害者に支払われます。
信託された財産が残っているうちに障害者の方が亡くなった際は、
その相続人または受遺者に交付されます。
また、信託する際に指定しておくことにより、
残余財産を寄附して他の障がい者のために活用することもできます。

 

特定贈与信託のメリット、デメリット、リスク

特定贈与信託のメリットとしては、贈与税の節税対策ができて、
障害者の方の生活費の運用をスムーズに行うことができますが、
信託された財産は、信託銀行が管理、運用しますので、
そのぶんのコストや、元本割れなどのリスクがあるというデメリットもあります。

 

特定贈与信託は、その利用する価値の高いものではありますが、
このようなコスト、リスクについて信託銀行にじゅうぶん説明を受けて、
納得した上で、利用するようにしましょう。

 

三井住友信託銀行の特定贈与信託
http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/special-donation/

 

三菱東京UFJ銀行の特定贈与信託
http://www.tr.mufg.jp/shisan/tokuteizouyo.html

 

みずほ信託銀行の特定贈与信託
http://www.mizuho-tb.co.jp/souzoku/tokutei_zouyo.html

スポンサードリンク
スポンサードリンク