生前贈与の税金面でのメリットなどについて

スポンサードリンク

生前贈与の税金面でのメリットなどについて

生前贈与とは

生前贈与とは、文字通り贈与者(あげる人)が生きているうちに、
無償で金銭や物品を与えることをいいます。

 

贈与税とは

贈与をする場合、受贈者(もらう人)に贈与税という税金がかかりますが、
贈与額が1年間で110万円を超える部分に課税されます。
ですから、1年間に110万円以内の贈与であれば、
贈与税という税金を支払う必要はありません。

 

国税庁HP 贈与税について
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/zouyo.htm

 

相続税とは

相続税という税金は、相続人が
財産を相続した際の金額に応じて発生する税金ですが、
生前贈与を毎年コンスタントに行っておくと、
相続税対策をすることができます。

 

相続税は、
3000万円+600万円×法定相続人数
を超える部分に課税されます。

 

例えば、法定相続人が3人の場合、
3000万円+600万円×3で、4800万円を超える部分に
相続税がかかるということになります。

 

4800万円という金額は、現預金だけのものではなく、
亡くなった方が所有していた不動産や、自動車などの動産、
といったものの合算です。

 

東京都内などに持ち家を持っている方などは、
その不動産価値が高く、相続税が発生する場合が多くなります。

 

国税庁HP 「財産を相続したときの税金」
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/05_4.htm

 

現預金を相続人に対して毎年、110万円ずつ10年間贈与すると、
一人につき1100万円、税金をかけずに受け渡すことができますので、
相続税が発生すると想定される財産をお持ちの方は、
ぜひ生前贈与による税金対策を検討すべきでしょう。

 

 

その他の生前贈与の非課税枠

その他、生前贈与の非課税枠には、
親子間、夫婦間で適用される次の特例がありますが、
それぞれの詳しい内容については個別の回を設けて説明しますので、
そちらをご参照ください。

 

相続時精算課税の特例
・住宅取得資金贈与の特例
・夫婦間贈与の特例

スポンサードリンク
スポンサードリンク