死亡一時金を受け取る手続きについて

スポンサードリンク

死亡一時金を受け取る手続きについて

死亡一時金を受け取れる人

国民年金の第1号被保険者として
年金保険料を3年以上(36月以上)納付していて、
老齢基礎年金や障害基礎年金を
一度も受け取らずに死亡した場合は、
死亡したものと生計を同じくしていた遺族に、
「死亡一時金」が支給されます。

 

ただし、死亡一時金を受給できるのは、
遺族が遺族基礎年金や寡婦年金の
受給資格がない場合に限られています。

 

もし、寡婦年金と死亡一時金の両方の受給資格がある場合は、
どちらか一方のみを受給できることになります。

 

保険料納付期間と受け取れる死亡一時金の額

受け取れる死亡一時金は保険料納付期間によって異なります。
次のとおりとなります。

 

保険料納付期間      支給金額
3年以上〜15年未満     12万円
15年以上〜20年未満    14万5千円
20年以上〜25年未満    17万円
25年以上〜30年未満    22万円
30年以上〜35年未満    27万円
35年以上             32万円

 

 

 

死亡一時金の請求手続き

国民年金死亡一時金請求書は、住所地の市区町村役場、
年金事務所、年金相談センターの窓口に備え付けてあり、
それらの場所で提出することができます。
(死亡一時金の請求手続きは、死亡の日から
2年以内にすることが必要です。)

 

死亡一時金の請求に必要となる書類

・故人の年金手帳(提出できないときは、その理由書を提出します)
・故人の除籍された戸籍謄本
・住民票(死亡者との生計同一関係の確認のため)
・請求人の預貯金通帳と届出印

スポンサードリンク
スポンサードリンク