墓、仏壇などの祭祀財産は相続、遺産分割の対象になるか?

スポンサードリンク

墓、仏壇などの祭祀財産は相続、遺産分割の対象になるか?

祭祀財産は相続税の課税対象とならない

墓、仏壇、家系図などの
系譜、祭具などの祭祀財産(さいしざいさん)
は相続財産とはならず、遺産分割の対象になりません。

 

祭祀財産については、相続税の対象にはならず、
相続税が課税されません。

 

祭祀財産を承継する者は?

では、祭祀財産を誰が承継するかということですが、
祭祀承継者は、被相続人の指定がある場合には、
その指定された者が祭祀を承継することになります。

 

指定の方法は遺言はもちろん、
口頭での指定でもかまいません。
(相続財産に関しては口頭での指定はできませんのでその違いに注意してください)

 

被相続人の指定がない場合は、、
相続人間の合意で祭祀の承継者を決めることができます。

 

指定がない場合は、慣習に従って承継者が決まります。
なお、この「慣習」は、かつての長男が家督を継ぐという
旧民法の慣習ではなく、現在の民法による慣習を意味します。

 

被相続人の指定もなく、相続人間の話し合いもまとまらず
慣習も明らかでないという場合は、
家庭裁判所の調停・審判で決めるということになります。

 

祭祀承継者の義務

 

祭祀承継者が祭祀を営む上で法律上の義務は発生しませんので、
承継した祭祀財産を自由に処分することもできます。

 

祭祀承継者が祭祀財産を取得したからといって、
その分の相続財産を減らされるということはありませんし、
逆に祭祀承継者は、法要などの費用について、
相続財産から多めに取得するということもできません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク