遺産相続手続き、遺言書作成の弁護士費用(報酬)の相場

スポンサードリンク

遺産相続手続き、遺言書作成の弁護士費用(報酬)の相場

弁護士報酬は弁護士それぞれが自由に設定できる

現在、弁護士の報酬の額については各弁護士がそれぞれ自由に
設定できることになっていますが、かつては弁護士の報酬規定があり、
報酬の額は定まっていました。
現在はその報酬規定の額よりも
高く設定している弁護士もいれば、
低く設定している弁護士もいますが、
かつての報酬規定をそのまま使ってる弁護士も多いので、
弁護士費用の相場を考える上で一応の基準とすることができます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

「経済的利益」とは?

「経済的利益」とは依頼者が得た利益のことですが、
遺言書作成の弁護士費用は、遺言の対象になる「遺産総額」から算定
遺言執行を要する財産額を経済的利益として弁護士費用を計算
することが多いようです。

 

経済的利益の額                 着手金   報酬金
300万円以下の部分               8%     16%
300万円を超え3,000万円以下の部分      5%     10%
3,000万円を超え3億円以下の部分      3%     6%
3億円を超え部分                 2%     4%

 

この昔の報酬規定が一応の目安、基準となりますが、
前述の通り、現在は弁護士報酬を自由に設定できますので、
これとはかけ離れて高い場合、逆に安い場合もあり得ますし、
財産の額だけでなく、その複雑さや手続きの量、
モメているのかモメていないのかなどにもより
報酬額も変動しますので、詳しくは各弁護士にご相談ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク