公正証書(遺言)の原本・正本・謄本とは?

スポンサードリンク

公正証書(遺言)の原本・正本・謄本とは?

公正証書の原本とは

公正証書の原本は、
公証人が最初に作成した文書のことで、
公正証書のオオモトのことです。

 

公証役場の原本は厳重に保管されます。
事変を避ける場合や裁判所の命令等がある場合を除いて、
公証役場の外へ持ち出すことが禁じられています。

 

公正証書の原本は、その他の附属書類とともに綴り、
原則として、当該年度の翌年から
20年保管されることになっています。

 

公正証書遺言の原本は公証役場に
20年間または本人が100歳に達するまで、
いずれか長い方の期間保管されることになっていますが、
実際は、特に保管期間を定めずに
半永久的に保管することになっているようです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

公正証書の謄本とは

原本の内容をそのまま写して作成した書面のことをいいます。
公正証書遺言の場合は、遺言者が謄本を保管し、
遺言執行者が次に説明する正本を保管するのが一般的です。

 

公正証書の正本とは

公正証書の正本とは、原本の作成権限がある者によって、
原本に基づいて作成された、原本と同一の効力を有する書面のことで、
謄本の一種です。

 

原本は公証役場に保管され外部に出ることはないので、
この原本の効力をしめす際に正本が使われます。
(債権者が裁判所に持っていって強制執行をするためにつかうなど)

 

公正証書遺言の場合は、遺言者、立会人の署名・押印が省略され、
公証人が「これは正本である」と記した押印がされています。
遺言者死亡後の各種手続はこの正本によって行います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク