自筆証書遺言と公正証書遺言のメリット、デメリット

スポンサードリンク

自筆証書遺言と公正証書遺言のメリット、デメリット

遺言者の種類

遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類の作成方法があります。
一般的には、自筆証書遺言、公正証書遺言のどちらかで作成されます。
どちらの方法で作成しても、法律の要件を満たした有効な遺言であれば、
効力は同じです。

 

自筆証書遺言と公正証書遺言

自筆証書遺言は、文字通り、自分の手で直筆で遺言書を書き上げるもので、
遺言者一人で完結するもので、
公正証書遺言は、公証役場という場所に行って、
公証人という法律のプロに、遺言の内容を口授し、それに基づいて
公証人が文章にまとめて作成するものです。

 

自筆証書遺言の場合、自分ひとりで作成できるのですが、
法律が定める要件を満たしていないなど、
ミスがある場合、一部あるいは全部が無効となってしまうリスクがあります。

 

無効になるということは、
遺言を書いていない場合と同様に、扱われるということです。

 

 

ですから、自筆証書遺言は、自分で好きな時に、簡単に作成できるというメリットの反面、
ヘタをしたら無効になってしまったり、あるいは法的に認められない主張を盛り込まれている場合、
それが実現されないということになるリスクがあるというデメリットがあります。

 

自筆証書遺言と公正証書遺言のメリット、デメリット

公正証書遺言の場合、法律のプロが作成しますので、
その段階でムリな主張はムリだと教えてもらえますし、
できあがったものは法的に正確に作られますので、
遺言者の意思が正確に反映されることとなるでしょう。

 

自筆証書遺言の場合、発見されなかったり、
隠されたり、内容を書き換えられたりするというリスクがありますが、
公正証書遺言の場合、公証役場に作成した遺言のデータが残りますので、
そういった意味でも安心です。

 

ただし、こちらのデメリットは数万円程度の公証人の手数料がかかります。
手数料は相続財産の額によって変わりますが、財産が多くなるほど高くなります。

 

また証人が2人必要となります。
遺言者の知り合いでもよいですし、公証人に頼めば用意してくれますが、
いずれの場合も、第三者に遺言の内容を知られてしまうということと、
証人に対しても手間賃等の費用がかかります。

 

また、思い立った日に公証役場に行って作成できるものではなく、
事前に予約打ち合わせを行い、公証役場で口述をしてから、
数日後に遺言が完成しますので、時間が多少かかるというデメリットもあります。

 

自筆証書遺言の場合、遺言者が死亡した場合は、
遺言書を家庭裁判所に持って行き、
検認をしてもらわなければなりませんが、
公正証書遺言の場合は検認は不要です。

 

自筆証書遺言と公正証書遺言は、このようなメリット、デメリット
がありますが、まったく法律の知識のない方は
自力で調べて自筆証書遺言を作成するのは避けた方がよいかもしれません。

 

自筆証書遺言の場合でも、弁護士や行政書士などの専門家に
依頼し、作成指導してもらうことで、正確な遺言書を作成することができます。

 

公正証書遺言の場合も、今回の説明では簡単なように書いてしまいましたが、
事前の下準備や公証人とのやりとり、素人の方にはなかなか大変ですので、
公正証書遺言で作成する場合も弁護士や行政書士などの専門家に
依頼することできます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク